« 『30年代の危機と哲学』 | Main | 犬塚元「震災後の政治学的・政治理論的課題 「不確実・不均衡なリスク」のなかの意思決定・連帯・共存の技法」 »

Monday, January 28, 2013

『政治的ロマン主義』

サルベージもこれで最後。といっても、こちらにまとめたノートをもとに書いたので、おさらいという感じの雑文。

1997 みすず書房 カール シュミット, Carl Schmitt, 大久保 和郎

何にも縛られることなく、全てを自分自身で決断できる主体。シュミットが政治的ロマン主義の核心に見いだしたものは、この絶対的に自由なる「私的な司祭」であった。だがその自由は、社会が一切の紐帯を失って、ばらばらに砕け散った廃墟においてひとびとがたどり着かざるをえなかった、哀しき〈自由〉であったとシュミットはいう。

「個人主義的に解体された社会においてのみ、〔ロマン主義者という〕美的生産の主体は精神的中心を自分自身のうちに置くことができる。個人を精神的なもののなかに隔離し、自分自身しか頼るものがないようにさせ、普通ならば一つの社会秩序のなかでヒエラルヒーに応じてさまざまの機能に分けられていた重荷を個人の肩にすべて担わせてしまう市民的な世界においてのみそれは可能なのだ。この社会においては私的な個人が自分自身の司祭になればいいのである。いや、それだけではなく、宗教的なものの持つ枢要な意味と帰結によって、司祭である以上また自分自身の詩人、自分自身の哲学者、自分自身の王、自分の人格の聖堂を建てる建築家であることもできるのだ。私的な司祭ということのなかにロマン主義とロマン主義的諸現象の究極の根底がある」。

夢想の世界にひたるロマン主義者の姿は、一見、実に安易なものに見えるかもしれない。しかし、シュミットによれば、その背景に隠れているのは、ほとんど救いようのない〈絶望〉にほかならない。

「このような観点のもとに事態を観察するならば、常に善良な牧歌詩人のみを見ているわけには行かない。ロマン主義がこころよい月夜のなかで神と世界に抒情的に陶酔していようと、世界苦と世紀の痼疾として悲嘆の声を上げ、ペシミスティックに我と我が身を引き裂き、あるいはまた熱狂的に本能と生の深淵に落ち込もうと、ロマン主義運動の背後にある絶望をも見なければならない。引歪んだ顔で多彩なロマン主義のヴェールの向こうからこちらをみつめている三人の人間、バイロン、ボードレール、ニーチェを人は見なければならない。私的司祭制の司祭長であると同時に犠牲でもあったこの三人を」。

「政治的ロマン主義」の是非など、ほとんどどうでもいい話であるが、この本は、あらゆる〈理由〉が崩壊した後に生きる者が、自らの置かれた状況を理解する上で、まちがいなく必読の書であると思う。

|

« 『30年代の危機と哲学』 | Main | 犬塚元「震災後の政治学的・政治理論的課題 「不確実・不均衡なリスク」のなかの意思決定・連帯・共存の技法」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『30年代の危機と哲学』 | Main | 犬塚元「震災後の政治学的・政治理論的課題 「不確実・不均衡なリスク」のなかの意思決定・連帯・共存の技法」 »